Misson6 違う世界 違う人々

宇宙空間を旅をしているウロボロス
この宇宙船にはすべての生活を補うモノがあった

「フリスさん、よろしければウロボロスをご案内いたしますわ」
「え、別にそんなことしなくても」
「ここに居る人たちにはウロボロスとは何かを知っていてもらいたいのです」

半強制的にリシェルに連れて行かれる
軍用の通路を抜けるとそこはまるで別世界だった

「うわ、戦艦の中にこんなのが・・・まるで街みたいだ・・・」

軍用の場所を抜けるとそこは自分たちの国と変わらぬ風景が広がっていた

「空や太陽はグラフィックですけどね、それ以外はすべて本物ですよ」

咲き乱れる花々、生い茂る木々、笑う人々
生活をしているという空間が存在した

「この辺りは私たち、軍の皆もよく利用しています」
「へぇ・・・」

まるで戦闘していたときとは思えないほどゆったりとした空間
ただの戦艦ではなく、宇宙で生きるための宇宙船なのだ

「あ、ちょうどいい所にアコナ~!!」

アコナはリシェルに呼ばれてやってくるが、フリスが居ることを確認したとたん嫌な表情を表に出した

「何ですか、リシェルさん」

明らかに不機嫌そうな声を出す、リシェルが居なかったら多分すぐにでもいなくなってるだろう

「私、ちょっとこれから行かないといけない所があるからさ、フリスさんを案内してあげてね」
「えぇぇぇぇぇ・・・」

嫌そうな声で拒絶しているのがはっきりとわかる
だが、リシェルはそんなことに気づきもしないかのように話を進める

「ね、あなたは元々こっち側には詳しいでしょ、お願いね」

リシェルはもう一度アコナによくお願いするとさっさと軍部の方へと戻っていった

「何で、私が案内しなきゃいけないのよ」
「ま、まあ、よろしく・・・」

なんとも気まずい空気が流れている
フリスが声をかけるとジロッと睨んでさっさと歩いていってしまう

「早く来なさいよ!!」

アコナの怒鳴る声が聞こえる
一応、案内はしてくれるみたいであった

「ここが商店街、お金とかは支給されているカードで買えるから」

不機嫌ながらもちゃんと説明はしてくれるアコナ
フリスはいつ謝ろうかタイミングを探していた

「次で最後だからね」

アコナはさっさと次の場所へと向かう

「ここが自然公園、ウロボロスで一番何もないところ」

何も無いとはいっても辺りに生い茂る木々や流れる噴水など散歩をしたりするにはとてもいい場所であった

「ここっていい場所なんだな」

フリスは案内されて感じたことを素直にしゃべる

「当たり前じゃない、私が生まれて育ったところなんだから」
「その、あの時は悪かった、そりゃこんないい場所なら守りたくなるよな」

フリスはアコナに頭を下げる
だが、恥ずかしいのかアコナは顔をプイっと背けてしまった

「別に分かればいいのよ、まあ、あんたがハイシェントに乗ってくれれば少しは楽になるし」
「そうだな・・・」

アコナはフリスの事を信用していなかったわけではなかった
最初に来たときも、フリスの事を心配してのことだった
元々、戦争には否定的な彼女は軍人であるフリスの本心が知りたかった
前回あった時は言われたくないことを言われて頭に血が昇ってしまったのだ

「それじゃ、私家族に会ってくるから、軍のところまでは戻れるでしょ」
「ああ、大丈夫だ」
「それじゃあね」

アコナはフリスの元から去っていった
だが、その声はさっきまでの嫌な声ではなく普通であった

「ハイシェントの事、大事にしてよね」

去り際に手を振り、機兵の事をよろしく頼んでいった

「ああ、言われなくてもそうするよ」

フリスはウロボロスの人たちを見て守らなければいけないと思った
ここを落とされるというのは、彼らを殺してしまうことになるからだ

浮沈艦ウロボロス、その名前の裏には彼らを守る為
ただ、戦艦としてではない、宇宙船ウロボロスは落ちるわけにはいかないのだ
[PR]
by meruchan0214 | 2006-08-24 23:44 | 守護機兵 ハイシェント


<< Misson7 裏切りの代価 ハードディスク入れ替えたことに... >>