Misson17 進まなければいけないこと

先の戦いは勝ちこそはしたものの
一般兵達の被害はいつもよりも多かった

「グラルディ相手だと流石にパンツァードではきついですね」
「そうだな、エルブラストやグラルディのデータが無かったら負けてたかもしれない」

リシェルはやれやれとも言うべきため息を吐く

「フルゲストの開発を急ぐ必要があるみたいですね・・・」
「フルゲスト??」

新しく聞く名前にフリスは疑問を投げかける

「こちらの新しい主力機兵です」
「パンツァードの後継機か」
「ええ、ですが、まだ完全にはできていませんので・・・」
「時間がかかると?」

フリスの問いにリシェルはただ黙って頷く
フルゲストが完全になるまで、危険な日々は続く

「それにアルオルスと言っていましたか」

レオルの乗っていた機兵、白銀の人型機兵
性能はほぼハイシェントと互角であった

「戦いはこれからもっと泥沼化していきますね・・・」

リシェルの言うとおり、機兵の性能の差が縮まるほど戦況は長引く
それはこの戦いがまだまだ続くという事を示している

「だが、レオルを説得できれば・・・」
「それは難しいと自分でも思っているのでは?」

フリスの心を見透かされたような言葉
正直にお互いの道は外れてしまっているのかもしれない

「とにかく、フリスさんにはしばらくご負担かけると思いますが・・・」
「分かってますって、アコナやラユもいるから大丈夫でしょう」
「お願いいたします」

被害を極力減らすためにはハイシェントやエルブラストで敵を撃破するほか無い
それは個人に負担がかかるという事を意味しているが
フリスはそれに答えなければいけなかった

「なんてったって、ハイシェントのパイロットですからね」

フリスはブリッジを出て部屋へと戻っていった
[PR]
by meruchan0214 | 2006-09-12 19:46 | 守護機兵 ハイシェント


<< 6輪 心のプライド 悪魔の囁き >>