Misson20 光の導き

地球連合、アースライン・・・宇宙に上がった人々ではなく地球に残った人々
大地は緑にあふれ、宇宙に住み人々の元になった世界

アースライン機兵研究本部・・・
元々は宇宙移民計画の一端のはずであった
だが、今は戦争の為に機兵の開発が急ピッチに進められていた

「ウロボロスもヴェルゼも我々の下のくせに生意気しおって」

アースラインの上層部のほとんどが宇宙の人達を自分達よりも下だと思っている
彼らには地球に居場所が無くなった異端児と見ているのだ

「ふん、まぁこれが完成した暁には両方とも一気に攻め落としてくれるわ」

研究所ないに映るモニター、それはまさに新型の機兵を示している

「このスーパーコンピューターを持ってすれば、ウロボロスもヴェルゼもおそるるに足らず!!」

研究所長の高笑いが内部に響き渡る
だが、それを快く思わない存在もあった

ピ・・・ピピピ・・・

そう、ここの心臓とも言えるAI自体が彼らを快く思っていなかった
このAIは自分で考えるというシステムが存在していた
何故、そんなものが存在していたのかは分からない、誰が何の目的なのかもわからない

「ふふふ、はははははは」

研究所長が笑っているすぐそば、コンピューターは人知れずデータの送信を始める

「コノ事ヲ彼ラニ伝エナクテハ・・・」

それは遠い遠い昔に約束した事
いつかきっと皆で平和を目指すためにした約束
約束を果たすために彼は動いていた

しかし、アースラインの開発を止める事まではできない
全てを止めてしまったら、アースラインに居る罪のない人々まで殺されてしまう
それはこのAIの望むべくものではない

「届イテクレ、彼ラノ元ヘ同士ノ元へト」

アースラインの機兵の研究は進む
それは必然であり、避けられようがない
開発が進めば戦争はもっと激戦と化していく

だが、罪のない人々を生かすためにはこれしかないのだ
いつかきっと、仲間が約束を果たしてくれる
そう信じて彼は待っているのだ

宇宙へと旅立った、親友達を
そして、この戦争を終わらしてくれる者達を
[PR]
by meruchan0214 | 2006-09-16 02:06 | 守護機兵 ハイシェント


<< Misson21 繋がる世界 Misson19 新型開発 >>