Misson 48 追い詰め、追い詰められ

ヴェルゼはブラスデッドが破壊された事により、ウロボロスに対して大きなアドバンテージを失ってしまった、更にはウロボロスを倒してもまだアースラインが残っている

「陛下、今ならまだ間に合います和平条約を結びましょう」

グローズ中佐はヴェルゼの国王に話をしている

「そんなことできるか!!我々こそが頂点に立つべきなのだ!!」

ヴェルゼの国王はグローズの言葉を一蹴する
グローズはこの戦は既に分が悪すぎる事は分かっている
ウロボロスやアースラインどちらかならまだしも、いくら連携は取らないと分かってるとはいえ両方相手にするのは難しい

「お前も軍人であるなら、和平よりも勝つ事を考えろ!!」

ヴェルゼ国王はノシノシと去っていく

「どうやら、フリス達とは敵として戦う運命なのかもしれないな・・・」

グローズは一人呟き、その場を立ち去った

「グローズよ、国王に話は聞いてもらえたか?」
「いや、聞く耳持たずといった感じだった」
「そうか・・・、まあ仕方あるまい、我々は国王の意思に従うまで」

話しかけてきた男は同僚のヴェルイン中佐、ヴェルゼの中の数少ない良識を持つ人間でもあり、軍人としての気質も持っていた
長い黒髪を棚引かせヴェルインはグローズと歩き始める

「お前達の教え子達はウロボロスにいるそうだな」
「ああ、彼等はまだ若いからな」
「期待しているということか?」
「さあな」

ヴェルインの言った、期待しているという言葉
これは彼らの成長だけでなく、彼らと戦う事を期待しているとも読み取れた

「私が教えた人間も何人かウロボロスに投降した」
「そうか、次の一戦で決まるかもな」
「ああ、だが軍人として私は国に尽くすつもりだ」
「私もそうだよ、新しく切り開くのは若い世代の仕事だ」

グローズとヴェルインは笑いながら歩く

「これはこれは、お二方仲良くおしゃべりですか?」

嫌らしい声で話しかけてきた、ルゲルゴ中佐
その嫌らしい声と卑屈そうな顔は一度見たら忘れられない
機兵の操縦は確かであるが、嫌味な性格と自分より下の人間を人間として扱わない
そんな彼は二人とも嫌いであった

「別にあんたには関係ないだろ」
「よからぬ事でも企んでいるかと思いましたよ」

イッヒッヒと嫌らしい笑い声、聞いているだけで腹が立つ

「グローズいくぞ」
「妙な噂が立っておりますが、ワタクシの気のせいであればいいのですがねえ」

噂が立っていたのは二人とも知っている
一番ウロボロスに投降したのは彼らの教え子達だ
裏で糸を引いていると思われてもしょうがない

「そんな心配をするよりも、目の前の敵を心配したらどうだ、ウロボロスはすぐそこまで来ているぞ」
「分かっておりますよ、ですが後ろから攻撃されてはたまりませんからね」

ヒッヒッヒッと笑いながら去っていくルゲルゴ
グローズは今すぐにでも殴り飛ばしたかったが、そういうわけにもいかなかった

「結果は戦いで出せばいい、グローズ」
「ああ、分かっている」

いよいよ、ウロボロスが迫ってきている、次が総力戦になるだろう

「死ぬなよ、グローズ」
「お前もな」

二人は腕をあわせお互いの健闘を祈った
[PR]
by meruchan0214 | 2006-10-15 00:30 | 守護機兵 ハイシェント


<< Misson49 誓いの為 ケージバン >>