Misson 66 希望の道

ウロボロスとノルンの率いる機兵達との戦いは続いている

「皆、がんばるんだ!!rリシェル様やあの子たちが何とかしてくれる!!」

ジョニカは通信で皆に言って聞かせている
異常な数で迫ってくる機兵達、ここで負けるわけにはいかない

「ラユ、大丈夫か?」
「うん、僕は大丈夫、でもこれだときりがないね・・・」

レオルやラユも他の機兵達を指揮しながらも、前線で戦っている

「なるべく早く済ませてくれよ、フリス・・・」

レオルは呟く、フリス達がノルンを止める事を信じている

「レオル、まだ来るよ!!」
「分かっている!!」

ウロボロスを守る為、地球を守る為、人間を守る為、彼等は戦っている
一方、ノルンの置かれている広間では未だに戦いが続いていた

「くそう・・・、いい加減・・・いかせろ!!」

ノルンを守る機兵と戦い続ける三人

「聞こえますか・・・?」

通信に小さく入る感情のない声、聞き覚えのある声

「モイライ・・・}

モイライが通信をしてきている、あの中にモイライがいるのは分かっている
今さら何を通信してくるというのだろうか

「やはり、貴方方は今までの人間とは違う・・・、リシェルの言っていた通りです」

戦いながらも通信を続けている、フリスには返答する余裕がないのが分かっているのか、モイライハそのまま言葉を続けていた

「私が少しだけ全ての回路を停止させます、その間にノルンを止めてください」

モイライの言葉、もしかしたら罠かもしれないがフリスには嘘を言っているようにはきこえなかった

「所詮、私はノルンの子機ですから、長くは持ちません頼みましたよ」

通信が切れると戦っている機兵の様子がおかしくなる

が・・・がががが・・・・

それが動きを停止させると今度は他の二機の機兵の様子がおかしくなる

「これは・・・、モイライ!!裏切るというのですか!!マザーコンピューターである私を!!」

ノルンの声が響く、一瞬止まった機兵であるがまた少しずつであるが動き始めていた

「早く!!」
「モイライ・・・!!いくぞ!!」

フリスはハイシェントのブースターを全開にし、ノルンへと近づく

「これで終わりだ!!」

ドガァァァァァァァァ!!

止まっていたほかの機兵が動き出すと同時にハイシェントはノルンを叩き切っていた

「私が・・・、、純粋な知性である私が・・・?ワタシガ・・・ワタ・・・シ・・・」

辺り一斉のコンピューターがシャットダウンを始め辺りが暗闇に包まれた

「終わった・・・?」
「ええ、ノルンは壊されたわ、これで全地球に放たれた機兵も止まるでしょう」

リシェルの言葉に安堵の息をつくフリス

ビーッ!!ビーッ!!

暗闇に包まれた空間にけたたましく鳴り響く警告音
赤いランプが辺りを照らしている

「自爆装置が起動しました、所内に残っている人間は速やかに退避してください」
「自爆装置だって!?」
「早く逃げないと!!」

慌てるフリスとアコナ、せっかく倒したのに自爆に巻き込まれてはどうしようもない

「二人ともあそこに緊急退避用のロケットブースターがあるわ、機兵から降りてあれに乗って!!」
「分かりました!!リシェルさんは!?」
「私にはまだやる事があるのよ」
「まさか、ここに残るつもりで!?」

リシェルはここでノルンと共にするつもりなのだろうか、フリス達にはそれを見過ごす事ができない

「ダメですよ!!皆で脱出しないと!!」
「大丈夫よ、私はここの元研究員よ。どうすればいいかは分かってるから」
「でも!!」

どうしても3人で脱出することをあきらめないアコナ、恐らく一人残したら確実に死ぬつもりなのだとアコナは直感で感じていた

「分かったわ、一緒に乗りましょう」

何を言っても聞かないとあきらめたのかリシェルも一緒に機兵を降りた

「さ、早く乗りなさい」

三人はロケットブースターに乗り込み、それぞれの席に座った

「じゃあね、フリスさん、アコナ」
「え?」

リシェルが言うと、リシェルの座った椅子だけが研究所内に移動し、フリスとアコナの座った椅子はベルトで固定され動けなくなる

「待ってください!!リシェルさん!!」

フリスは叫ぶが、リシェルはまるで聞こえていないかのように振舞った

「大丈夫、人はもう変わっていける、後は貴方達の番なのだから」

リシェルはにこやかに笑うと、ロケットブースターのスイッチを入れた

シュゴゴゴゴオオオオオオオオ!!

物凄い音と共に一気に地上まで駆け上がっていく

「一緒に帰るって約束したのに!!」

残ったりシェルはただ優しそうな笑顔でフリス達を見送っていた
フリス達はこうなる事を予想していた、だからこそ、防ぎたかった
なのに、止める事ができなかった、リシェルは残ってしまった

フリス達はただ残っているリシェルを見る事しかできなかった
[PR]
by meruchan0214 | 2006-11-04 00:03 | 守護機兵 ハイシェント


<< Misson 67 背負った重さ Misson 65 揺らめく明日 >>