misson11 思う惑い

「そうか、逃げ出したか」
「はい、思ったよりもやるようです」

アリシアが逃げた後、ザムレイズの司令官とその配下が話をしている。

「だが、準備は終わっていたのだろ?」
「はい、全て整っております」

司令官はニヤリと笑みを浮かべた。

「すぐに奴らの恐怖する顔が目に浮かぶわ」

司令官は高笑いをする、それに一礼をし配下は外に出て行った。



「死ぬかと思った……」
「無事だったから良かったものの……、本当に心配させて」
「悪かったと思ってるよ」

戻ってきたアリシアを迎えたのは心配していた仲間達だった。
無事に生きて戻ってきたことを喜んでくれた。

「でも、その代わりに皆に話さなくちゃいけないことがあるの」

アリシアはザムレイズ軍の戦艦の中で出会った、地球圏の人間の事を話した。

「やっぱりね……」

リシェルはその話に納得しているようだ。

「前からおかしいとは思っていたけど」
「そうなんですか?」
「まあね……」

リシェルはいろいろと考えているようだ。

「とりあえず、アリシアは疲れてるでしょ。休んでいいわよ」
「え、大丈夫ですよ?」
「心配させた分、一緒にいてあげなさい」

リシェルはアリシアに両親と一緒に居るようにと遠まわしに言った。
その言葉にアリシアは一礼をすると、部屋を出ていった。

「さてと……」

リシェルは一人、格納庫へと向かった。

アリシアとアコナ、フリスは久ぶりに家でのんびりしている。
戦闘の事で怒られたりもしたが、帰ってきたことに素直に喜んでいた。

「自分の腕を過信しすぎるなよ」
「うん」
「でも、ザムレイズと手を組んでいる人間か……」
「しかも、あの強化されたパワードール相手は、正直辛いね」

歴戦の猛者である、フリスやアコナにとっても大幅に強化されたパワードールは辛いものであった。

「戦わないといけないのに、これじゃあどうしようか」

正直に言って暗い話題しか出てこない。
敗戦したばかりのせいもあるだろう、全体的に士気が下がっていたようだった。
唯一、アリシアが戻ってきたことでいくらか明るくなってはいたが、それでも以前ほどの活気はなかった。

「皆さん」

突然、ルピナの姿に似ている女の子が現れた。

「ルピナ……ちゃん?」

姿形は似ているが、ルピナよりもっとしっかりしている雰囲気だ。

「いえ、ルピナは私の姉です。私は妹のナミアと言います」

礼儀正しくお辞儀をするナミア、それにつられるようにアリシア達も礼をする。

「緊急なのでいきなり用件で失礼いたしますが、地球に降りていただけませんか?」
「え?」
「お母様に何か考えがあるみたいです」

アリシアはそれだったら何でウロボロスの通信を使わないのか分らなかったが、とりあえずナミアの言う通りにする。
アリシア達が格納庫につくとリシェルと数人の整備士が待っていた。

「御苦労さま、話はナミアに聞いているわね?」
「ええ、でも何でまた地球に?」
「モイライの所に行ってもらいたいのよ」
「モイライ?」

アリシアはモイライというのは何のことだか分からなかった。

「モイライっていうのはね、地球を管理しているスーパーコンピューターの一つなのよ」
「へ~」

アコナの言葉に素直に頷くアリシア。

「でも、地球に降りるには何を使うんですか?」
「ハイシェントとエルブラストよ」
「え?」

こんな時にエルブラストとハイシェントをウロボロスから地球へと降ろすというのは危険だと皆が思った。
しかし、リシェルはそれを変えようとはしない。

「ウロボロスはどうするのです?」
「ま、何とかするわ」
「何とかするわって……、リシェルさん本気なんですか?」

リシェルがこういう事で冗談を言わないのは分かってはいるが、ハイシェントとエルブラストの戦力は大きな損害になるのは一目瞭然だった。

「まあね、貴方達に行ってもらわないとダメなのよ」
「分かりました……」

戦いに負けない為にはどうしても地球に降りなければいけないらしい。
その間に負けていたという事になったら目も当てられないが。
しかし、リシェルはそのまま言葉をつづけた。

「幸い、火星、木星のアルカディアとも連携がとれるし、負けはしないから」

負けはしないということは、勝てる訳でもないという言葉の裏返しだとアリシアは感じる。

「なるべく早く帰ってきてね」

リシェルはそれだけ言うと、地球へ向けてアリシア、フリス、アコナを出撃させた。
ウロボロスのクルー達はそれをただ見つめている。

「リシェル様」
「ん?」
「彼らを向かわせた理由は別にあるのでは?」

ジョニカがリシェルに聞く。

「まあね、あの子は闇の部分を知る必要はないのよ」
「例の件、ですね?」
「そう、あの子たちが戻ってくる間に片をつけないとね」

ジョニカはその言葉に静かに頷いた。

「本当は私だけでやりたいんだけどね」

その言葉にジョニカは優しい笑顔を浮かべ、リシェルの後をついていった。
[PR]
by meruchan0214 | 2007-12-13 23:43 | 守護機兵 ハイシェント2


<< misson12 どんなに…… misson10 逃走劇 >>