misson12 どんなに……

「ここが地球……」
「あの時以来か……」

アリシア、フリス、アコナの三人は地球の軍に迎えられて、地球に降りていた。
アリシアは初めての地球に少し興奮している。
今までウロボロスの中しか知らなかったが、ウロボロスの外はこんなに広い世界なのだと、アリシアは感激していた。

「お父さん、モイライってコンピュータの場所、分かってるの?」
「まぁな、こっちだ」

フリスの先導でモイライの場所へと向かう。
ウロボロスや宇宙にはない違った爽快感がこの地球にはあった。

「でも、何となくウロボロスに似ているよね」
「そうね、でも、正確に言うと、ウロボロスに似ているんじゃなくてウロボロスが似ているなんだけどね」
「そういえば、ウロボロスは地球の環境をベースにしているって授業でやったっけ」

戦争中でなければもっと楽しめるのに、そう思いながらもアリシアは進んでいく。
青い海岸線も緑の山も今はゆっくりと楽しむことが出来ない。

「ここだ」

フリスに案内されてついた先は大きな研究施設だった。
機兵ごと中に入ることができるようになっており、ハイシェントとエルブラストはそれぞれ格納庫へと収納される。

「お待ちしていました」

アリシア達が中に入ると、一人の女性が出迎える。

「アンドロイド……?」

外見こそ人間にそっくりではあるが、虚ろな目と抑揚のない声。
機械的な動きがアンドロイドだと分からせた。

「モイライが待っています、こちらへどうぞ」

アンドロイドはそのままアリシア達を奥へとつれていく。
中は奇麗に掃除がされており、過去の物とは思えない。

大きな広間にでると、無数のコンピューターが辺りに敷き詰められていた。

「お久しぶりですね、フリスさん、アコナさん。そして、初めまして、アリシアさん」
「これがモイライ……」

ひときわ大きなスクリーンに女性の顔が映し出される。
それと同時にスピーカーから女性の声が聞こえてきた。

「リシェルさんが、貴方の所に向かえと……」
「はい、話は聞いています。私達は貴方達に伝えなければならないことがあります」

すると、先ほどのアンドロイドが大きな機械を持ってきた。

「これは一体?」
「電磁シールドを中和する装置です。これをハイシェントとエルブラストに取り付ければ、電磁シールドは全て中和することができます」
「電磁シールドを中和……」
「ですが、逆を言ってしまうと、ウロボロス、ハイシェント、エルブラストの電磁シールドが効果を失う事になります」

確かに電磁シールドが使えなくなるのは痛手ではある。
特にウロボロスは戦闘する手段がない。
電磁シールドが使えなくなったら唯の的になってしまう。

「なるほど……」
「ウロボロスの電磁シールドまでも中和するのか」
「はい、まさに両刃の剣です」

しかし、現状では相手の電磁シールドを何とかしない限りは勝ち目がない。
だが、これを使用するのは自分達が倒せても旗艦が落とされる可能性が高くなるのだ。

「あと、アリシアさん」
「はい」
「貴方に渡す物があります」
「私に?」

モイライは隣の部屋の扉を開けた。

「この奥に、私とノルンからのプレゼントです」

アリシアはその言葉にただ黙って歩いていく。
そこは大きな格納庫になっていた。

「これは……、ハイシェント?」

もう一機のハイシェント、細部を見ると元のハイシェントとはやや違うみたいである。

「以前造られたハイシェントを元に私とノルンが改良を加えたものです」
「でも、これだけあってもAIは彼女じゃないんだよね?」
「それは彼女の意思次第ですが…、代わりのAIは作ってはありますよ」
「それじゃ、ルピナちゃんに聞いてくる」
「分かりました」

アリシアはルピナの元、ハイシェントへと向かった。

「あれ……」

アリシアはハイシェントに近づくといつもと雰囲気が違う事に気がついた。

「ルピナちゃん?」

返事がない、いつもならば呼べば必ず返事が来るはずだ。
おかしいと思ったアリシアはハイシェントの中に入る。

ザ…ザザザ……ザ…

モニターが雑音を立てている。
アリシアは直ぐにコクピットに座り、データを見る。

「これは…!!」

データ内にウィルスが侵食している、データを徐々に書き換えている。

「確か通信は隔離されていたよね…、モイライさん、聞こえますか!?」
「はい、なんでしょうか?」
「ハイシェントのデータにウィルスが…、このままじゃルピナちゃんが!!」

一分一秒でも時間がもったいない、モイライは即座にハイシェントへの接続を試みた。

「……駄目です、接続できません」
「そんな…」
「このままいくと、AIが書き換えられますね。地球に対して敵対するように…」
「じゃあ、あの時には……」

アリシアは捕まった時のことを思い出していた。

「どうにかできないんですか?」
「接続できれば何とかなるかもしれませんが…」
「接続……、そういえば以前マニュアルに」

アリシアは以前読んだマニュアルを思い出していた。

「確かここを……」

思い出しながら先へと進めていく。
焦りで手が震えているが何とか先へと進んでいく。

『パスワードを入力してください』

「パスワード…、一体何だというの」

アリシアは考える。
恐らく設定したのは、リシェルかルピナである。
アリシアはとにかくリシェルとルピナの名前を入力してみる。

『パスワードが違います、正しいパスワードを入力してください』

当然の如くパスワードは弾かれた。
残された時間はあまりにも短い、ゆっくり考えることもできない。

「何か、二人の共通すること……、親子……、違う、じゃあ、ほかには…?」

アリシアは残り少ない時間で考える。

「まさか…でも……ね…」

思いついたのは一つ。
でも、それは今アリシア達と敵対している。
しかし、それしかアリシアは考えられなかった。

『認証しました』

「やった!!」

アリシアは直ぐにモイライに接続できるようになったことを伝える。

「ありがとうございます、これなら何とかなりそうです」

モイライは間髪を入れずにハイシェントへアクセスした。
データが徐々に復旧されていく様を見て、アリシアはホッと安心した。
[PR]
by meruchan0214 | 2007-12-20 23:07 | 守護機兵 ハイシェント2


<< 久しぶりについての独り言 misson11 思う惑い >>