Misson16 秘めた力

リシェルは新たにロールアウトされた機兵に乗り込んだ。

「いくよ、グランデイズ…」

グランデイズ、リシェルが以前の戦いの時に使用した機兵。
ヴェルゼの兵器を破壊する際に失われたはずだった。

「みんな、アリシア達が帰ってくるまでは無理しないで!!」

ハイシェントやエルブラストがないと、相手の電磁シールドをどうすることもできない。
必然的に防戦を強いられることになるのだ。

「ジョニカ、任せたわよ」
「了解しました」

リシェルはグランデイズを出撃させた。
それを追うようにウロボロスのパイロット達は次々と出撃した。

「アリシアちゃん、もう戦闘は始まっているみたいだよ!!」
「うん、急ごう。お父さん、お母さん!!」

ハイシェントとエルブラストは戦闘区域まで速度を増す。

「ウロボロスにはあまり近づきすぎるなよ、アリシア」
「うん、わかってるよ」
「それじゃ、親子揃って戦場に赴きますか」

ザムレイズ軍との戦いが再び始まった。
ハイシェントとエルブラストが電磁シールドを無効化するお陰で機体の優劣はほとんど機兵やパワードールの操縦者によるものになった。

「皆、がんばって!!」

全体的な能力はウロボロス軍の方が上であった。
徐々にザムレイズ軍が後退していく。

「そこっ!!」

ハイシェントやエルブラストはいつも以上の活躍を見せつける。
特にハイシェントは最新技術の固まりと言ってもよかった。

「アリシアちゃん、調子いいね」
「ルピナちゃんもね、この調子でガンガン行くよ」

戦わないといけないことは分かっている。
戦うことで相手が死ぬことも分かっている。

戦わなければ自分たちの場所が無くなってしまう。
だから、守る為にアリシアは戦うことができる。

「ザムレイズ軍の増援です!!」

アリシアにはあの戦艦が見たことがあった。

「あれは!!」

以前、アリシアが捕まった軍艦。
忘れもしない、地球の人間が指揮する艦だった。

「今度は思い通りにはさせないんだから!!」

アリシアの表情が激しく変わる。
まだ、この戦いは始まったばかりなのだから。
[PR]
by meruchan0214 | 2008-10-27 06:52 | 守護機兵 ハイシェント2


<< 狼が鳴く時 登場人物 Misson15 策略と >>