カテゴリ:コラム( 2 )

第2回 カナシミノウタ

節田 陽子(以下 陽)「皆さん、こんばんわ~」

木陰 林(以下 林)「第2回はカナシミノウタについてです」

陽「カナシミノウタはここの2作目にアップされました」

林「妖の調べを書いてる途中でアップされ始めたのよね」

陽「話数は全部の中でも短いですが・・・」

林「その分1話ずつは、他の作品に比べてやや長くなってるのよね」

陽「ここが始まっての初めての戦争モノです」

林「というわけで、前回の宣言どおり、今日はゲストさんに来ていただいています」

陽「それでは今回のゲストはこの方です!!」

大石 武(以下 大)「どうも、自分は大石武(おおいしたける)と言います」

林「カナシミノウタから大石さんが来てくださいました」

大「自分がこんな場所に来ると言うのは恐縮ですが」

陽「大丈夫ですって、私たちも何でココに居るのか分かりませんから」

林「陽子ちゃん、一応私達は司会だからね・・・」

大「それで自分は何をすれば、いいですか?」

陽「ああ、そうでした、そうでした、実際どうなんですかね?」

林「どうなんですかねって、それじゃあ質問になってないでしょ!!」

大「戦争は悲しみしか生まないことだけは知ってほしいですね」

林「そうそう、私の住んでいた地域も大変だったんだから」

陽「あ、林さんも戦争体験者でしたっけ」

大「そうなんですか?」

林「まあね、あの頃は私も若かったなあ・・・」

陽「若かったって、60年でしょ、林さんって400歳だったんじゃ?」

大「えっ?」

林「60年も前じゃない、いいじゃない、言わせてくれても」

大「400歳って、そんな様にはとても見えないです」

林「そう、やっぱりぃ?」

陽「妖なんだもん、当たり前じゃん」(ぼそっ)

林「陽子ちゃん?」(にっこり)

陽「い、いえ!!何でもないです!!」

大『二人ともどうしたんだろう・・・』

陽「と、とにかくですね、カナシミノウタを始めとする戦争モノですが、中の人自身も言っている事  で戦争というものの悲しさを伝えたいということで書いているみたいです」

大「そうですね、ルティさんやティリカちゃんが倒れた時は本当に辛かった」

林「ソフトにする為にファンタジーみたいなようになっていますが、実際はもっと辛いです」

大「比較的被害の少ない自分達ですら、辛いのですから、当時の人たちの辛さは計り知れない  ですね」

陽「まあ、これによって少しでも戦争の事を考えてくれたらと中の人は言ってました」

林「それじゃあ、大石さん、最後に一言お願いします」

大「これは沖縄の戦争を元にして作られています、少しでも戦争の事を知って、こんな悲しいこ  とは起こしてはいけないと認識してもらいたいですね」

陽「それでは、第2回はカナシミノウタでした」

林「第3回もお楽しみに!!」
[PR]
by meruchan0214 | 2006-12-25 00:16 | コラム

第1回 自己紹介

節田 陽子(以下 陽)「皆様、こんにちは~、私、節田陽子(ふしだようこ)です」

木陰 林(以下 林)「といっても、今の時間はこんにちはじゃなくてこんばんわだけどね」

陽「まあ、いいじゃないですか、ほら、林さんも自己紹介しないと」

林「木陰林(こかげりん)よ、よろしくね」

陽「これを書いている中の人が多くなったってわめいているので、紹介を兼ねたリンクをここでは  やっていきます」

林「といっても、初回は私たちの紹介だけどね」

陽「ここのブログが開設して初めての小説だもんね」

林「私達が活躍する、『妖の調べ』よろしくね」

陽「これは私と林さんの二人の視点からみた物語なの」

林「奇数話が陽子ちゃんで、偶数話が私の話なのよね」

陽「最初は戸惑った私だけど、慣れちゃえばどおってことないよね」

林「初めて会ったときはこの世の終わりだ見たいな事言ってたのに」

林の言葉で赤くなる(実際には赤くなっていないが)陽子

陽「もう、いいじゃないですか、昔のことです!!」

林「照れちゃって、かわい~」

陽「林さん!!もっと最初くらい真面目にやりましょうよ」

林「いいじゃない、今回は私たちだけなんだから」

陽「最初に癖をつけちゃうと後で出ちゃいますよ」

林「はいはい、所でこのお話では次回作『LittleGarden』にも出てくる、隆泰君達も出てくるの  よね」

陽「そうそう、隆泰さんは外伝含めて3作品に登場してますしね」

林「私達も別作品で使われる日は来るのかしらね」

陽「さあ、中の人は気まぐれですからね・・・」

林「今回は私たちだけだけど、次回からはゲストも呼ぶ予定です」

陽「楽しみにしていてくださいね」

林「それじゃあ、今回はこの辺で」

陽&林「またの訪問をお待ちしております!!」

妖の調べを見る
[PR]
by meruchan0214 | 2006-12-16 01:30 | コラム