カテゴリ:妖の調べ登場人物( 1 )

~妖(あやかし)の調べ~登場人物の紹介と概要

小説「妖の調べ」の登場人物です

 
節田 陽子(ふしだ ようこ) ♀ 年齢 生前17歳

明朗活発な女の子で物語の主人公
とある事件がきっかけで死んでしまうがゾンビとして蘇る。
ゾンビと言っても、某ゲームに出てくるような感じではないが、胸に大きな傷と腹部の一部が腐食している。
ゾンビになった時のショックか分からないが殺される寸前の記憶しか残っておらず、節田陽子という名前も偽名である
特殊能力は異常なまでの再生能力と強酸性の液体攻撃
また、一部の感覚以外は全て欠落している(触覚、味覚は残っているらしい)
妖と言われる存在の中では生まれたてなので弱い部類に属するが、
感情の高ぶりによって、戦闘能力が大きく左右する

木陰 林(こかげ りん) ♀ 年齢 500歳以上?(見た目は20代半ば)

街でフラワーショップを営む心優しい女性で陽子のパートナーでもある
その正体は店のすぐ裏手にある桜の大木の精霊である。
江戸時代以前からずっとこの街を見守ってきており、妖の中でも高い実力を持つ
特殊能力は植物を自在に操る力であり、少しでも植物があるところなら
その能力を存分に発揮することが出来る
また、彼女は火や水、雷などの自然に起こる現象で傷つくことは無いが
銀以外の金属物や科学の産物に極端に弱く、触れているだけでもダメージを負ってしまう

平林 隆泰(ひらばやし たかやす) ♂ 年齢 24歳

喫茶店のマスターを若くして務める男の人
人間ではあるが、その実力は妖に勝るとも劣らないと言われている
それ故か分からないが彼の喫茶店には多くの妖が集まる
そのせいもあってか、表向きは喫茶店という反面情報屋という裏の側面も合わせもつ
彼は陰陽術を覚えており、特に式神を使った術を得意とする
噂によるとここで働く人たちは皆妖と互角以上に戦う為に組織された集団であるらしいが
その真偽は一切不明である

真宮 夕子(まみや ゆうこ) ♀ 年齢 18歳

隆泰の喫茶店で働く女の子
人間ではないらしいが、その正体は現在は不明
非常におっとりとした性格だが以外に芯が強くしっかり者である
基本的に隆泰の命令で動くが、独断で行動することもしばしば
6歳下の妹がおり、名前を朝子という
2人姉妹で両親などはいないが、家庭は上手くいっているらしい
しかし、この二人の血が実は繋がっていないことはほとんどの人が知らないことである

春崎 加奈(はるざき かな) ♀ 年齢 17歳

陽子が通う高校の同級生、大人しい性格でやや内気な面がある
大人しい性格とは裏腹にホラーやスプラッター系のお話は大好きである
正真正銘の人間であり、裏の世界については全く知らない
だが、伝承や神話なども好きなのでそういった知識は非常に豊富である
ちなみに頭が良く校内トップクラスの学力の良さである


麻生 恵(あそう めぐみ) ♀ 年齢 22歳

喫茶店、リトルガーデンのフロアマネージャーを担当する
隆泰とはここと同期で働き始め、腕も互角で互いに良きライバルでもある
それだけに、隆泰とのコンビを組んだ時の実力は高く、
この近隣の妖には非常に恐れられている、もちろん一人の戦闘力は高い
隆泰との恋人説がまことしやかに流れているが、真実は不明である

以下、登場していくにつれて少しずつ追加していきます
[PR]
by meruchan0214 | 2006-03-21 15:18 | 妖の調べ登場人物