<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Misson19 言葉にはしない

「さあ、みんな行こう!!」

アリシアの声が各機兵に鳴り響く。
ザムレイズ軍との戦いが待っている。

「アリシア、無理しちゃダメよ」
「リシェルさん、分かってます。大丈夫ですから」
「そう、ふふ、これが最後の戦いになればいいわね」

リシェルの言葉にはどこか含みのもたせたモノがあった。
アリシアは少し疑問に思ったが特に口出しをすることがなかった。

「ふぅ…」

コクピットの中で溜息をするアリシア。
手が微かに震えているのが分かる。
戦えば死ぬかもしれない、そんな恐怖は常に付きまとっている。
この狭い空間の中に自分を押し込め、戦いへと赴く。

「アリシアちゃん」
「なに、ルピナちゃん?」
「みんなを守ろうね」

今までルピナと話してきて、とても強く決意に満ちた言葉だった。
みんなという言葉にどれだけの人が含まれているか分からない。

けれど、アリシアにはルピナはきっと母親、妹、そして果ては父親をも守りたい。
そう思っていると感じた。

「ハイシェント出ます!!」

アリシアのハイシェントが出撃すると、あとに続いて次々へと機兵が出撃する。

「来ました、距離1万…、およそ20分後には戦闘宙域に入ります」

オペレーターの声がそれぞれの機兵のレシーバーに入る。

いよいよ、ザムレイズ軍との決戦が始まろうとしていた。
[PR]
by meruchan0214 | 2008-11-15 07:42 | 守護機兵 ハイシェント2

Misson18 戦いの幕開け

ザムレイズ軍が投降という形でこの戦いは決着はついた。
というよりは、ザムレイズ軍の大半がウロボロスに裏切ったと言った方が正しいだろうか。

「ザムレイズ軍第3部隊レセリス艦艦長、ヴェルボルテさん…ですね」

捕虜として捕えられたザムレイズ軍の司令。
アリシアとは皮肉にも立場が逆になってしまった。
リシェルは淡々と言葉だけを発する、それはまるで感情のない機械のようだった。

「あなた方地球に住む者達が彼らに協力していても不思議はありませんでしたよ。イオシスさんやステイルさんも同じ立場ですからね」
「お前達はザムレイズに勝てると思っているのか?対策を立てるだけでは勝てない相手であるというのは分かっているだろうに」

確かにヴェルボルテの言うとおりだった。
相手の行ってきた行動に対策を立てているのでは、ウロボロスがどうしても後手になってしまうことを意味する。
何かしら相手よりも先に手を打つ必要があるのだ。

「ザムレイズはレフィンが地球から持ってきた技術との融合によって、お前たちよりも遥かに技術が進んでいる。勝ち目がない事は分かり切ったことなんだぞ」
「でも、だからって、一部の人間だけが救われることはいけないと思う」

リシェルとヴェルボルテの会話に口を突っ込んできたのは、アリシアだった。

「確かにあなた達はそれでいいかもしれないけど、ザムレイズ軍が支配するようになったら他の人たちはどうなるの?」
「さあな、そんなことは知らん」
「私はこの艦に乗ってる人たちが大好き。だから、戦うのは怖いけど戦ってるよ。だって戦わないと皆を守れないんだもん。勝ち目がないからって、相手に謙るのは…逃げてることだと思う…」

アリシアは自分の言葉をうまく発することができなかったが、自分の気持ちをぶつけたかった。
周りの人間はその言葉をただ黙って聞いていた。

「無謀と勇気は違うと教わらなかったのかね」
「無謀じゃない、それに勝ち目がないわけじゃない。艦長さんも分かってることじゃないんですか?心の中ではきっと」
「うるさい!!」

ヴェルボルテは一喝して、アリシアの言葉を止めてしまった。
急に大声をだされた為、アリシアは驚き少し強張った表情をする。

「とにかく、貴方方には独房に入っていてもらいます、連れて行きなさい」

リシェルの命令でヴェルボルテ達は独房へと連れて行かれた。
そして、残ったのはアリシアやフリス、アコナ達とザムレイズ軍を離れウロボロスへと下ったザムレイズ軍の人間達だった。

「予定よりも早まってしまいましたが…」
「いえ、貴方達には感謝しています。お陰で双方にあまり被害を出さずに済みました」
「そういっていただけると助かります。ですが…」

イオシスはそこで口を閉ざしてしまう。
言いたいことはそこにいる者達は瞬時に理解していた。

「分かってます、これからが厳しい戦いになることは…」

最初に口を開いたのはリシェルだった。

「でも、戦うしかないんですよね…」

アリシアも口を開いた、ここまできた以上はザムレイズ軍との総力戦になることは必須だった。

「敵も本気、我々も本気というわけか…」
「そうね、フリス。また、あの時みたいな大きな戦いがあるのね…」

ウロボロスの艦隊が強いとは言っても、所詮は1艦隊の軍勢に過ぎない。
確かに規模は大きいし、一国の持つ軍隊以上ではあった。

「我々の艦隊も後数時間後には合流できるかと思います」

緊張した空気が流れる。
さっきの戦いは前哨戦に過ぎない。

本当の戦いはこれから始まるのであった。
[PR]
by meruchan0214 | 2008-11-13 02:52 | 守護機兵 ハイシェント2

Misson17 変貌と不変

戦いは機兵とパワードールの総力戦となった。
ハイシェントとエルブラストに搭載された中和装置が動いている以上、
お互いの電磁シールドに意味はない。

「実力勝負なら、負けはしないよ!!」

アリシアはハイシェントを駆り戦場を舞うように動き回る。
一騎当千まさにこの言葉が相応しかった。

一機、また一機と次々にパワードールを撃墜していく。
それにより、人の命も失われるがアリシアには迷いはない。

「アルシェ部隊は左を!レルス部隊は右の守りを固めなさい!!」
「了解しました!!」

グランデイズに乗るリシェルは最前線で部隊の指揮を取っている。

「リシェルさん、その機兵は…」
「こんな時も来ると思ってね。修復しておいたのよ、中身は最新式だけどね」

フリスは以前失われたグランデイズに少し驚いていた。

「この子やハイシェント、エルブラストがある限りは負けはしない、そうでしょ?」
「ええ、そうですね」

簡単な通信のやりとりをした後、フリスとリシェルは直ぐに戦いに舞い戻る。
戦況はウロボロスが押していた。



「ええい、増援はどうなっている!?」

ザムレイズ軍の旗艦は徐々に押されている様を見て、焦りを覚え始めていた。

「なぜだ、何故ハイシェントがこの場にいるのだ!!」

間違いなく、ウロボロスやハイシェントにはウィルスを送り込んだはずだった。
およそ、この地球圏の人間は解けるはずでないモノではない。
それは地球に住んでいる自分が良く分かっていた。

だが、現にウロボロスやハイシェントは何事も無かったかのように起動している。
艦長にとってはこの事は完全な計算違いだった。

「もう、御終いですよ。艦長殿」
「誰だ」

部屋に入ってきたのは、イオシスだった。

「貴様は戦闘中だろうが、勝手に入ってくるとは命令違反だぞ!!」
「貴方には既にその権限はありませんよ。この艦は我々がすでに制圧しています」
「なっ…」

驚きの表情を隠せない艦長。
しかし、周囲をみてそれを認めざるを得なかった。

「くそ・・・」

そうして、この戦いはザムレイズ軍の投降という形で幕を閉じることになる。
[PR]
by meruchan0214 | 2008-11-03 21:31 | 守護機兵 ハイシェント2