タグ:短編小説 ( 85 ) タグの人気記事

騎士の影 4

「ねぇ~、ジュリ~遊ぼうよ~」

いつも通りエルミナ様が私に声をかけてくる
私はあくまでも護衛であり、遊び相手ではない
そう思っていた

「!!」

私は不意に近づいてくる気配を感じた
1・・・2・・・3・・・
全部で3つの気配が感じ取れた

「エルミナ様、私から離れないで下さい」
「ん?」

明らかにこちらに敵意を持って近づいてくる
そして、私達の前に現れたのは身なりは粗野な格好をしており、腰には剣が刺さっている
風貌から言ってマトモな職についているとは思えない

「どっちがお嬢様だ?」
「似顔絵通りだと、あっちだな」

男たちは何やら話し込んでいる、どうやらエルミナ様を誘拐するつもりらしい

「もう1人はどうする」
「抵抗するならやっちまっても構わねえさ」

男たちはこの時点で既に間違っていた
まだこの時の私は若いとはいえ、敵の力を分からないほど愚かではない
明らかにこの男達は私よりも格下の相手だった

「お前たち、このまま立ち去れば何もしない。だが、エルミナ様に近づくなら容赦はしないぞ」

私の言葉にキョトンとした男達、しかし、すぐに笑いはじめた

「はっはっは、面白い事言うな。下らん、やっちまえ!!」

男達は一斉に私達に向かってきた
私はエルミナ様を後ろに前へと歩き出す

フッと男たちとすれ違う、男達は何も気がついていない

ポタ、ポタ・・・

何かが垂れる音で男達はやっと気がついたみたいだった
自分達の体が傷ついている事、そして私との実力の差を

「ひ、ひぃぃぃぃ」

男達の顔色がみるみると青ざめていく
私の使う武器元々拷問器具であるため、殺傷能力は高くない
だが、相手を苦しめるという点においてはこれ以上ない武器である

「今、楽にしてあげます」

私は懐にしまっていた短剣を取り出し、恐怖ですくんで動けない男達に構える

「待って!!」

男達を殺そうとした私を止めたのはエルミナ様だった
普通の子供であれば、怖くて動けないはずだ
だけど、エルミナ様は力強く前を向いていた
体は小刻みに震えている、当然だろう、しかしそれ以上に強い意思がエルミナ様を動かしているように見えた

「それ以上する意味はないよ」
「何故です?エルミナ様を連れ去ろうとしたのですよ。悪人は裁かれて当然です」
「でも、それ以上やったらこの人たちは罪を償えなくなる、命は一つしかないんだよ」

私よりも年下のエルミナ様が凛とした表情で説教をする
しかも、今まさに自分自身が誘拐されようとしていたのにも関わらず、その相手を庇っている
私にはエルミナ様の行動が理解できなかったが、何故か彼女の言葉には心を惹かれてしまうものがあった

「・・・、分かりました、エルミナ様が言うのであれば」

私は短剣をしまうと男達を官憲に突き出した
それを見ていたエルミナ様は本当に嬉しそうな表情をしていた。

「ありがとう、ジュリ」
「お礼を言われるような事はしていません」
「でも、私を助けてくれたし、言うことも聞いてくれたよ」

今までと同じ事をしていて「ありがとう」なんて言葉をいわれたのは初めてだった
初めて言われたこの言葉は私にとって恥ずかしく、そしてとても嬉しかった

「こ、今回だけですからね」
「あはは、ジュリってば赤くなってる」

この時、初めてお父様が言っていた事を少し理解した気がする
そしてこれが私とエルミナ様の関係の始まりだった
[PR]
by meruchan0214 | 2007-07-14 21:40 | 短編小説

騎士の影 3

私は次の日からエルミナ様のボディガードとして表舞台に立つことになった
自分はこういったことは似合わないと判っている
けれども、父親の命令には逆らえない

仕方がなく私はエルミナ様のボディーガードをしていた

「ねぇ、ジュリ、遊ぼうよ~」
「いけません、私は貴方のボディガードであって、遊び相手ではないです」
「だって、お父様はそうは言ってなかったよ~」

旦那様は何を考えていらっしゃるのか、お父様も含めて訳が分からない
エルミナ様はずっと私と遊ぼうとしている

私にはそれがかなりイライラすることであった

「ねえ、何でジュリっていつもそんな怖い顔してるの?」
「そうですか?」

私は言葉で否定はするものの、自分でもイライラしているのは分かる
それが気づかないうちに表に出てしまっていたのだろう

気づかれないように極力努力をしていたつもりだった
しかし、エルミナ様には分かってしまっていたのだ

「もっと一緒に楽しもうよ、ね?」

エルミナ様は屈託のない笑顔を私に向ける
私にはそれが眩しすぎてしっかりと受け止める事ができなかった
ついつい、顔を背けてしまう

「ジュリ~、遊ぼうよ~」
「いけません!!」

つい声を荒げてしまうがエルミナ様はお構いないといった感じだった。
この時、私はまだ気がついていなかった
イライラしていたのは、彼女ではなく、自分自身の心だと言うことに

それを心の底では求めていたと言うことさえも分かっていなかった
[PR]
by meruchan0214 | 2007-07-05 22:16 | 短編小説

騎士の影 2

12年前、私はまだ12歳だった
しかし、実力に年齢は関係ない、幼いからの修行を積んできた私は12歳でも、家系の中でも秀逸な実力であった。

「お父様、私は納得できません」

私は同じ暗殺者である父親に申し出た。

「決まったことだ、明日からエルミナ様の正式な近衛兵として従うのだ」
「何故です!!」

私には意味が分からなかった。
私達は今までギルバート領で影として生きてきていた。
これからもずっとそうなっていくと思っていた。

「命令だ、分かったな」

私の父はそれだけ告げると、私の前から音もなく消えた。
私はその場に立ち尽くすしかなかった。

父親に言われた意味も分からずに・・・
[PR]
by meruchan0214 | 2007-07-01 22:05 | 短編小説

騎士の影

私の名前はジュリ・レイシス。
ここ、ギルバート領に仕える騎士である。

私は元々騎士ではない、暗殺者として育てられてきた。
だが、今は騎士としてこの領地を守る義務がある。
エルミナ様と共に・・・

「ジュリ、ジュリってば~」

私がいつものように、精神統一をしているとエルミナ様の呼ぶ声がする。

「どうなさいましたか?お嬢様」
「お父様が呼んでるわよ」
「分かりました」

私がエルミナ様に使えてから既に12年の年月が過ぎていた。
本来はこの領地の影で生きるべき私が表立ってエルミナ様を護ってきた年月でもある。

最初は違和感を感じていたが、今ではこれを守る事が生きがいとなっていた。

「ジュリって、本当に丸くなったよね」
「そうですか?」
「うんうん、最初だって凄い無表情だったもん」

気持ちの変化があったことは確かである。
暗殺者として教わってきたことにはなかったことを、エルミナ様から教わった。
私の父上にエルミナ様を護るように言われたときの事を私は今でも覚えている。

あのときから私は変わっていったのだと・・・
[PR]
by meruchan0214 | 2007-06-07 21:19 | 短編小説

騎士の影 登場人物

騎士の影 登場人物

ジュリ・レイシス 24歳 ♀
この話の主人公、性格は冷静沈着、頭も回り、実力も一級品。
元々は暗殺者の家系にだったが、親の言いつけで仕えている領主の騎士として活動している。
幼い頃は非常に感情の起伏がなかったが、今ではすっかり丸くなった。

エルミナ・ギルバート 18歳 ♀
ジュリが仕える主人、今のジュリを作った存在。
明るい性格で他人の事をちゃんと考えて上げられる女性で領民の人気も高い。
ジュリの事を信頼しているが、変な事をしてケガをしないか心配している。
[PR]
by meruchan0214 | 2007-06-06 21:36 | 短編小説

死神と呼ばれた少女 3

私にはその人を倒す事ができなかった
その人の想いが私の中に流れ込んできた

「可哀相・・・」

私と同じくらいの年齢、私と同じような力の持ち主
だけど、私と彼女では育った環境が違った
私には助けてくれる人が居てくれた、ずっと傍に居てくれた
最初は呪ったこの力だけど、皆の為に使えることの喜びを知った

「お前、何故私の邪魔をする」

彼女は死霊術師、ソウルイーターの持ち主、悲しい悲しい人だった
感情がなくなっているようには傍目から見えるだろう、本人もそう思っているだろう
でも、本当は心の奥で悲しんでいる、人を殺すたびに悲しんでいる

「私には彼女を殺せない・・・」

私には彼女の姿が私に被っていた、彼女がどんなに人を殺してもどんなに倒さなくてはいけない人でも私には無理だった

「何故、お前は本気を出さない、このまま殺されるというのか」
「私と貴方は似すぎている、だから貴方の気持ちが良く分かるの」
「私は気持ちなど、とっくの昔に捨て去った誰にも私の気持ちなど分かるものか」
「分かるよ、私も母さんと出会わなければ、貴方みたいになってたから」

彼女はそれを否定するかのように攻撃を仕掛けてくる、私はそれを避けるだけ
倒せない、こんな悲しい人を倒してはいけない

「ミスティ、まだ終わってないの?」
「母さん!!」

私が彼女を倒す事に戸惑っていると、母さんがやってきた

「母さん、あの人私と一緒だよ、本当は可哀相な人なんだよ」
「可哀相・・・ね、でも私達の依頼は彼女を殺す事、でしょ」
「そうだけど、でも・・・」

母さんは私の言葉は分かっているはずだ、私を救ってくれたのは母さんだから
母さんはフゥとため息をつくと、私に笑いかける

「言い出したら聞かない子だからね、でもとりあえずは、ね」
「うん、ありがとう」

あの人を救いたい、ただそれだけ
母さんが私にしてくれたように、私もあの人を救いたかった

死神と呼ばれた私を救ってくれたように
[PR]
by meruchan0214 | 2007-02-19 14:20 | 短編小説

冷たい少女

恐怖に怯える顔、必死に生きようと抗う、そんな顔はもう見飽きた
私は無慈悲にもその男に最後の一撃を刺した

「さぁ、お食べ」

私の死霊術の源であるソウルイーターと呼ばれる光る玉、人の命を吸っていく事でその力は増えていく
今まで何人の人間が私を殺しに来たのだろうか、もうその数すら覚えていない
自分が生きる為に私は人を殺してきた、私を恨んでいる人間は数え切れないくらいいるだろう

「次の街へ行きましょう」

私はソウルイーターが魂を食べ終わったのを確認すると再び歩き出した
次はどんな戦いが待っているだろうか、どれだけソウルイーターは人の命を吸うのだろうか
今の私にはそれだけが楽しみだ、人間の感情なんてあの時から捨てている

そう、自分の手で姉を殺しそれと引き換えにソウルイーターを手に入れた時から

私と姉さんは小さいときに両親に捨てられ、ある闇の組織に拾われた
そこで暗殺者となるべく二人で徹底的に暗殺術を叩き込まれた
どんなに辛くても苦しくても姉さんと二人なら頑張れた、いつかはきっと自由になれると信じていた

「私を殺して・・・、ミフィス」

奴らは最初から私達を死霊術師にするつもりだった、私達を殺し合わせた
実力は姉さんの方が上だった、私も姉さんに殺されるならそれでよかった
けれど、姉さんは私を生かした、自分から私の武器で斬られその命を絶った

その魂はソウルイーターとなり、私は死霊術師となった
姉さんは私を生かすために自ら死んだ、だけど、私は姉さんが死んでから感情が死んでしまった
私はその組織を滅ぼした、恨みはあったが滅ぼしたときには私は何も感じなくなっていた

「この世に混沌が必要なら、私が混沌を導いてあげましょう」

私は何も感じない、何も信じられない
信じるものは自分の力とこのソウルイーターだけ

次の町ではどんな絶望が待っているだろう、どんな恐怖が見られるのだろう
私は死んだ、姉さんと一緒に、今はただ混沌を呼ぶ為の存在
人間は儚く脆い、ならば私達の糧になってしまえばいい
[PR]
by meruchan0214 | 2007-02-19 14:18 | 短編小説

桜の散る頃 4

いつもと変わらない日常、例えおかしいとも言われても、桜には関係ない
自分の行きたい道を行き、自分のやりたいことをする、それだけで桜は十分だった
しかし、それが本当に桜の望んでいた事なのか分からなくなるときがあった

「貴方は本当は全てを表にだすのが怖いのよ」
「私は好きな事をやっているだけ」
「いえ、臆病な自分を隠す為にやっていること」
「そんなことはない、毎日楽しく暮らしている」

自分の中の何かが囁いている、どれが本当の自分でどれが偽りの自分
だが、桜は気づいていた、どれも自分自身であるということを

「いつまで自分を演じているつもり?」
「演じてはいない、これが私自身」
「嘘、貴方は怖いから演じている、私を出す事を恐れている」
「恐れてなんかいない、貴方は私、私は貴方だから」
「では、何故私を閉じ込める、何故私を外に出さない、それは自分が、桜自身が本当の自分になる事を恐れているから」

頭の中で自分達だけの会話が続いている、表に出ている自分
心の奥に隠されている自分、全てが自分であり、それぞれが自己主張をする

「・・・ちゃん、さ・・ちゃん、桜ちゃん!!」

恭子の声に夢から覚めるよるにガバッと飛び上がった
それに驚いたのか恭子は胸を手にあてて、少し後ずさった

「桜ちゃんが寝てるなんて珍しいね」
「う~ん、お休み電波がランゲルス星から飛んできたから」

いつもの調子で答える桜、しかし何かがいつもと違う
あんな夢を見たからであろうか、自分がこれを演じているのか分からない

「ねえ、もしも私が私じゃなくなったらどうする?」
「・・・」

突然、いつも変な事を言っている桜に質問をされて恭子は固まった

「ね、熱でもあるの?」

結局恭子の第一声は桜を心配する声だった、だがいつもとは違い真剣な表情を見ると恭子は真面目に答える

「どんなことしても、どんな風になって、桜ちゃんは桜ちゃんでしょ、桜ちゃんの代わりはいないんだから」
「私の代わり・・・?」
「例えばさ、桜ちゃんが急に記憶喪失になって自分が分からなくなってもさ、私は桜ちゃんの友達であり続けるよ。だって例えどんなになっても桜ちゃんは私の大事な友達だから」

桜は恭子の言葉が嬉しかった、思わず、涙が出てきてしまうほどだった

「わっ、桜ちゃん、どうしたの急に」
「あれ・・・、勝手に出てきちゃうよ」

暖かい涙、嬉しい気持ち、全てが一気にこみ上げてきた
どうあっても、自分は自分、それが分かっていれば自身を見失わない気がした
[PR]
by meruchan0214 | 2007-02-05 12:36 | 短編小説

桜散る頃 3

夜の世界、そこは闇の住人達が動き始める世界だった
そして、桜もまたその闇の世界の住人の一人だった

「るんたるんた♪」

明らかに闇の住人としては雰囲気が合わないが桜はお構いなしだ
本人はピクニック気分でいるらしい

「桜、無理するなよ」
「私にはランゲルス星人の加護がついてるからだいじょうび」
「だいじょうびって・・・、まあ、いいや」

いつものことではあるが、仕事仲間である千尋はため息をつく

「ちひろん、動かないで」

桜が千尋を呼び止めると、どこからともなく片手の銃を取り出す

パァン!!

乾いた音が当たりに響く、桜の放った弾丸は千尋の傍を掠め一匹の妖の額に直撃した

「囲まれてるな」
「ベルベル星人が密告したんだ」

桜はもう片方の手に太ももからもう一丁の銃を取り出す
ホルスターに入れているのではない、太ももに内蔵されているのだ

「手伝ってね、ちひろん」
「分かってるから、くるぞ」

何匹もの妖が桜と千尋を取り囲んで襲ってくる
桜は襲いかかる妖を次々と撃ち落していく

「くっくっくっくっ」

実に楽しそうに敵を銃を撃ち続ける桜
一方、千尋はめんどくさそうに敵の攻撃を避けるだけだった

「ハイパーモードで一気に片付けちゃお」
「やるなら、はやくやってくれ」

桜の体が急に帯電し始める、まるで雷を発生させているかのようであった

「ランゲルス星人から教えてもらったこの技、いっくよ~!!」

桜の目に映った妖に全てロックオンされている、後はそれに向かって弾を撃つだけだ
その完全な正確無比な射撃は傍目からはただ銃の乱射にしか見えない
だが、それは全て計算され尽くした上で放たれている
千尋はただ桜が銃を撃っているのを眺めているだけだ

「あははははははははは」

高笑いしながら撃ち続ける桜、こうなった彼女は敵を殲滅するまでは止まらない

「戦闘狂というかなんというか・・・、ま俺は楽でいいが・・・」

内心複雑な気持ちの千尋であった

「あ~、面白かった」
「はいはい、処理してから戻るぞ」
「でもベルベル星人め、いつもいつも卑怯な手ばっかり使って・・・!!」

何が卑怯でどんな手を使っているのか不明ではあるが、桜はその存在を信じ込んでいる
全ての悪いのはベルベル星人という悪い星人の仕業らしい

「いつか、首を洗って待ってろよ」

見た事もない敵に闘志をもやす桜
彼女の原動力は全てここから来ていた
[PR]
by meruchan0214 | 2007-02-04 00:25 | 短編小説

桜散る頃 2

言動がおかしい桜であったが、本人はそれで満足のいく生活を過ごしていた
いくらおかしいといっても、他人を陥れたりすることはない

「桜ちゃん、一緒に帰ろう」
「いいよん」

桜と恭子はいつもと同じように帰路につく
街で買い物したり、お店でお茶を飲んだり、極々一般的な女子高生と変わらない

「ねぇ、キミ達、かわいいね、どこのこうこ・・・」

パァン!!

桜たちにナンパをしてきた男が全て言い終わる前に桜の平手打ちが炸裂する
言動はおかしいが好き嫌いははっきりしている、いやおかしいからこそはっきりしているのかもしれなかった

「何するんだ!!」
「私、そういうの嫌いだも~ん」

いつも変な口調である桜の言葉は相手を逆撫でするようにしか聞こえない

「この・・・」
「やっちゃうの?」

桜は待ってましたと言わんばかりの目つきで男を睨む
男はそれを見ると怖くなってその場から逃げ出した

「桜ちゃんて怖いもの知らずだよね」
「私にはランゲルス星人の加護があるから、どんな敵が来ても大丈夫だよん」

要するに自分は強いといいたいらしい、事実恭子は桜が絡まれていて負けるというところは見たことがない

「今日はリトルガーデンに寄っていこうよ」
「うん、私もお腹の妖精さんがピーピー言ってるから」

二人はリトルガーデンへと向かった

「あら、恭子ちゃん、桜ちゃんいらっしゃい」
「今日は~」
「妖精さんの為に何かちょ~だい」

二人を出迎えたのは、20台の女性、麻生 恵(あそう めぐみ)であった
桜のいとこでもある恵は恭子と同じく数少ない桜の理解者でもあった

「はいはい、席について待っててね」

恭子と桜は言われた通りに席へと座って待っている
普段は人の言うことを滅多に聞かない桜だが、恵には頭があがらないらしい

「恵ちゃんはランゲルス星人も認めちゃうほどの騎士だから」

とにかく喧嘩が強いということだ、過去に何かあったらしく桜は恵の事を尊敬している、が恐怖する対象でもあった

「はい、お待たせ」

恵はコーヒーとケーキを持ってくる
慣れた手つきで桜と恭子の前に置いていった

「じゃ、ゆっくりしていってね」

恵はにっこりしながら席を去っていった
いつもどおりの日常、桜は戦いの為に改造された
だが、今の生活がとても好きであった
[PR]
by meruchan0214 | 2007-02-01 08:54 | 短編小説