17夜 不審

「というわけだが、今回は恵は居残りな」
「え~、なんでよ~」

もうすっかり日常となった、仕事の話
だが、今日はいつもと少し違っていた

「理由は恵が一番分かってるだろ」
「ぶぅ・・・、分かってるよ~だ」

いつもなら、恵を外すことはほとんどない隆泰だが
今日に限って恵を仕事のメンバーから外したのだ

「ねぇ真君、何かおかしくない?」
「そうですね、恵さんを参加させないなんて」

ヒソヒソ声で話す真と千夏
確かに隆泰が恵を仕事から外すというのは珍しい事態であった

「こら、二人ともしっかり話は聞きなさい!!」
「は~い」

野次馬根性旺盛な二人は真相を掴むべく調査を開始した

「店長~」
「ん?」
「何で今回、仕事から外したんですか?」
「あ~、まあ色々とな」

明らかに答えたくなさそうな返答をする隆泰
確実に隆泰が関わっているのはマル分かりであった

「ふ~ん、恵さんの体調が悪いわけじゃあないんだ?」
「体調は悪いと言えば悪いな」

何だかあいまいな返事をされる
このままずっと話していたのでは拉致があかないと感じた二人は
次は恵本人に当たってみることにした

「恵さ~ん」
「千夏ちゃんに真くん、どうしたの?」
「少し聞きたいことがあるんですけど~」

恵さんはいつもどおりである
特にこれといったところはとりあえずは見られない

「どうして、店長が恵さんを仕事から外したんですか?」
「さあ、そういった気分だったんでしょ、私最近風邪気味だし」

わざとらしく、咳をしてみせる恵
明らかに何かを隠しているのは分かるが、恵の事だから聞いても答えてはくれないのだろう

「そうですか、体にお気をつけて~」

お礼だけ言ってその場を離れる二人

「どうしよう?」
「どうしようって言われてもなあ・・・、あ、楓ちゃんなら何か知ってるかも」
「あ、そっか、楓ちゃんなら色々話してくれそうだしね」

こうして二人は楓の下へと向かった
[PR]
by meruchan0214 | 2006-06-19 23:22 | LittleGarden


<< 18夜 探る 愛故に 2 >>