人気ブログランキング |

22陣 動けぬ 理由

暗い何も見えない闇の中
ただあるのは何者かの気配だけであった

「ありがとうね、ナイーズ」
「いえ、これくらいでしたら」

その気配はリーシェとナイーズであった
暗闇で全く見えないが、お互いは自分の存在を認識しているようであった

「しかし、私達の力不足のせいで未だあの件は・・・」
「いいのよ、貴方達は良くやってくれているわ」

ナイーズは悔やむように喋りそれにねぎらいの言葉をかけるリーシェ

「あれは私の不注意なんだから、貴方たちが気にする必要はないわ」
「ですが、そのせいで・・・」

ナイーズが言いかけたところをリーシェがそれを止めた
それ以上言ってはならないということだろう

「今は耐えないといけないの、貴方たちにも迷惑をかけるけど・・・」
「私はリーシェ様の為ならいつでも命を捨てる覚悟はあります!!」
「ありがと、でも私の為に死ぬのはやめてね、貴方達の命が私より軽いなんてことはないから」
「もったいないお言葉です」

ナイーズは自分を救ってくれたリーシェに心から感謝をしていた
ナイーズだけではない、レドンや他の仲間たちもそうだ
リーシェの為ならいつでも命を捨てる覚悟がある

「レドンの怪我も治ったし、次は貴方と二人で頼める?」
「了解いたしました」

ナイーズはリーシェに一礼すると音も立てずにその場を立ち去った

「そろそろ監視の目も厳しくなってくるか・・・、あの子達に任せるしかないか」

その場を立ち去ったリーシェを後を追うようについていく影が一つ
リーシェはそれに気づいているのか気づいていないのかは分からない
それを気にした様子もなくリーシェは歩いていく

その顔には希望が残っている、そう確信している顔であった
by meruchan0214 | 2006-12-03 18:55 | 竜の翼 ハイシェント


<< 23陣 新たな 力 21陣 増える 悩み >>